2009年01月18日

ひとつのシステム手帳で、バイブルリフィルとナローリフィルを併用する

 昨日の手帳オフで、ふと話したところ「へえー」と反応があって、逆に驚いたことがありますので、せっかくなので書いておきます。

 私はバイブルサイズのシステム手帳を使っているのですが、スケジュールは自作の月間スケジュール表のみ使用している。
 では、日々の記録はどうしているかというと、それぞれの月の間に罫線入りのリフィルを挟んで記入している。

手帳術01

 なにが「へえー」かというと、その罫線入りリフィルがナローサイズだということ。ナローサイズというのは、バイブルサイズより横幅が1.5cmくらい短く、あとは穴の位置も含めて同じサイズのリフィル。

 これを使うと、スケジュールのページだけが飛び出しているので、参照がしやすい。

手帳術02

 スケジュール以外にも活用の方法はあるかもしれません。
posted by 木の葉燃朗 at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/387285530
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。