2012年09月16日

開催レポート(後編):「『広辞苑』で楽しむ言葉のゲーム 『たほいや』体験講座」(主催:日本手帖の会、講師:木の葉燃朗、9月2日(日)@横浜市なか区民センター)


TahoiyaKouza 120902tahoiya04

 9月2日(日)、横浜で実施した「『広辞苑』で楽しむ言葉のゲーム 『たほいや』体験講座」(主催:日本手帖の会、講師:木の葉燃朗)の続きです。実は講座の後も更にたほいやを遊んだ、という話(前編はこちら)。

 たほいや講座が終了し、どこかのお店で懇親会を行おうということで、参加希望者がしばし待機。しかし、いかんせんまだ時間が早く、店(居酒屋)が空いていなかったのと、主催の方が取材を受けていたことがあって、時間調整が必要な状況。そこで誰ともなく、「じゃあ、たほいややりますか」となって延長戦を行うことになりました。今回は私も参戦しての5人でのたほいや。

 レポートは次のような内容で書いています。

 ・出題された単語を書きます
 ・各自から出された偽回答+正解を書きます
 ・正解と、私が書いた偽回答を分かるようにします(正解は●、私の偽回答は★)
 ・何人の人がその回答案に投票したかも、文章の最後に数字を書きます。

●くせなきす(木の葉出題)

1.菌類。(1)
2.ナルキッソス。(1)
3.ギリアシア神話の登場人物の一人。(1)
4.ギリシア系フランスの作曲家。 ●
5.九州地方に生息するキスの一種。(1)

 初問は私。回答案はギリシア系が重複し、うまい具合に傾向が分かれる。しかし、正解はあまりに怪しい文章だったためか、逆にノーマークになり、親の総取りを獲得。しかも偽回答に一票ずつ投票されたことで、子は偽回答で得点を稼ぐこともないという、親に有利な結果。

●こあじあご

1.ブラジルの作曲家。
2.アジア北東部の諸言語の総称。(1) ●
3.チリ北部の都市名。
4.ブラジル南部の港湾都市。(1) ★
5.キューバ南東部の都市。(2)

 まず、1.は作曲家の名前として聞き覚えがないので除外。2.は「○○語」なのに言語の総称というのが気になって除外(しかし、これが正解だった)。都市名のうち4.は自分なので、二択で5.に投票するも外れる。

●よぜん

1.積み重ねられた小さな善行。(1) ★
2.予兆と同義。(1)
3.お膳が人数に対し余ること。
4.切腹の前に食するものの意。(2)
5.死にかかっていてなお息があること。 ●

 途中まで牧歌的な回答案だったのに、4.と5.でいきなり不穏な雰囲気に。でも、この不穏なところが怪しいと思って、二択で4.に投票。しかし、もうひとつの5.であった。
 しかしながら、ここでも自分の偽回答に投票があり得点し、正解はできずとも点数を減らさずに現状維持を続ける。

●ぷっち

1.キク科の植物。
2.ロマノフ王朝の第四代宰相。(1) ★
3.オランダの思想家。(2)
4.イタリアの劇作家。
5.暴動。一揆。(1) ●

 「ぷっちょ、ぷっちょ、AKB」とみんなが言う中、ひとり「いや、プッチモニの略でしょう」と時代を逆行する俺。
 とりあえず、1.は「の植物」というのが気になって除外。残りは3.4.5.の三択だが、ここは敢えて人名ではない5.に投票し、当てる。ちなみに「Putsch」で、ドイツ語です。勉強になりますわね。更にちなみに、ドイツではゲームの「いっき」は「プッチ」の名称で知られています(知られていません)。

●れそ

1.ロシア共同開発組合。
2.東南アジアの打楽器。
3.「それ」の倒語で隠語。(2) ●
4.学生言葉で10のこと。(1) ★
5.臭化化合物の一種。(1)

 自分の偽回答で失敗したのは、「10」が「銃」と思われたこと。これが、読まれた音だけを聞くたほいやの難しいところ。本当は、ドレミファソラシドの二番目の「レ」と五番目の「ソ」で「25のこと」にしたかったのです。ドレミをCDEFGABで「ツェー、デー、イー、……」と読んで、「デー万が2万」みたいな感じで。でも25って隠語に必要ないよなと思って、2×5=10としてみた。そうした思考が、あまり意味をなさなかったですね。
 それはさておき、自分でもそういう意味を考えたので、符丁や隠語ではないかと思っていて、そこに3.の回答案があったので、これを選ぶ。1.も気になったのですが、「なにを開発するのか?」が気になって除外した。
 これを当てて、かつ自分の偽回答でも得点して、一位でゲームを終えました。なんとか講師の面目を保った感じでしょうか。


 そして懇親会へ。ここでは日本手帖の会の方と、全ファミ協会に参加している方が数名ずついらっしゃったので、お酒を飲みながら「ゲームの会って?」、「手帖の会って?」という話など、あれこれと。
 しかし、なぜか気が付くとここでもたほいやをする流れに。ただし点数計算はせず、出題して偽回答を書いて答え合わせしてという、若干変則的なルール。7人で遊ぶ。

●かまおやじ

1.鎌を砥ぐ仕事を生業とする者の別称。
2.かまどの神。(2)
3.根性の曲がった親父。(2) ●
4.夕暮れの時間帯。(1)
5.過保護に育てられた子供のこと。(2)
6.サルスベリ科サルスベリ目の常緑高木樹。 ★
7.借金で首が回らない様。

 この問題は、今回記録係だった方が「もし出題できれば出題したい」と思っていた単語とのこと。そして、偽回答はコースターの裏に書き、回答案のメモは箸袋に書くというよく分からない状況に。普通、コースターの裏ってホステスさんが電場番号とか書くもんじゃないのか(例えが古い上に、そんなの本当にあるのか?)。
 2.に投票してみるが、外れる。なんとなくこれがしっくり来たんですけれどね。正解はまさかの3.。どうやら、鎌のように曲がっていることから付けられているらしい。ということまで予想して当てた方もいらっしゃいました。すげえなあ。
 ちなみに私の偽回答は、「サルスベリ科は高木樹じゃないはず」と指摘を受けて得票を得られず。

 この一問で終わるかと思いきや、「他に問題ない、問題?」という、市場のセリのような(あるいはダフ屋のような)声が上がり、更に数問を遊ぶことに。

●どぜん

1.土で作られた埋葬物。
2.ウドのやや伸びて地面上に出たもの。 ●
3.岩手県に伝わる伝統芸能。どぜん踊り。
4.武田信玄が発案したつつみ。
5.小児に生後初めて魚肉など動物性食品を食べさせる儀式。
6.江戸時代、花街ではない場所で女郎をしていた女性のこと。
7.盛り土で墓の代用とすること。 ★

 お酒を飲みながらなので、それぞれの回答案に誰が投票したか記録するのを忘れていました。ちなみに、もうコースターにも箸袋にも書けないので(たほいや用にコースター下さいとはお店の人に言えない)、講座でも使ったメモ帳とノートを再び引っ張り出す。
 で、4.に投票してみる。ただ、「つつみ」が「堤」なのか「包み」なのか、意見が割れる。それでいて、結局これは正解ではないという。正解は2.という意外性。しかしこれ、「この意味を表現する単語が必要なのか」と思うような単語だな。

●あしきしゅうきゅう(木の葉出題)

1.随筆。(3)
2.古代オリエントで使われていた武器。
3.沖縄の民間の呪術師。
4.わずかにゆがんでいる様。(1)
5.サッカーのこと。(1) ●
6.没収になったサッカーの試合のこと。
7.週休二日制に反対する昭和の経営陣の総称。(1)

 せっかくなので私も出題。かつて出題し、知っている方がいて、無効になったことのある問題を再出題。1.は「しぜんとじんせい」からの連想だろうきっと。そしてここに票が集まる。一方、「もし正解じゃなくてもこれを書いた人に点を上げたい」と7.に投票した方も。いずれにしても、「単語としては長いので、なんだか難しい」という意見が。
 そして正解は5.。アジア式蹴球と予想した方もいるようですが、協会(アソシエーション)式蹴球(フットボール)でサッカーのことなのです。大学のサッカー部に、「ア式蹴球部」と名づけているところ、結構あります。
 ちなみに「べいしきしゅうきゅう」や「らしきしゅうきゅう」もあるよ。「ちょうしゅうきゅう」というのもあるよ。意味はそれぞれ調べてみよう。

●むがむが

1.もぐもぐに同じ。(3) ●
2.自画自賛。
3.ミクロネシア民謡。(1)
4.エチオピアの都市。(1) ★
5.遊びにふけり、容姿を飾ること。
6.悟りを開いた者。もしくはその境地。(1)
7.ブードゥー教の術語。

 これはもう、「竹脇むがむが」しかない(しかない、ってなんだ)。地井武男さんの「ちいちい」みたいに。
 でもこれは、回答案の中から1.が浮き上がる感じがした。3.7.は説明文の文章がややしっくり来なかったし、2.と5.の意味も出題語の語感とやや合わないかなと。6.が気になりましたが、「無我の境地」からの連想かと思って除外。

 というのが、再度の延長戦。ここで懇親会もお開きとなりましたが、横浜在住組の皆さんは、その後もお店に残って深夜までたほいやを遊んだそうです。

120902tahoiya02


 これまで遊んだたほいやの報告も別の記事で書いています。興味のある方は下記リンクから見てみてください。

・タグ:たほいや(http://blogs.dion.ne.jp/konohamoero/tag/%82%BD%82%D9%82%A2%82%E2
・木の葉燃朗の「たほいやと俺」 http://konohamoero.web.fc2.com/tahoiya/index.html





ラベル:たほいや
posted by 木の葉燃朗 at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。