2012年10月21日

日本手帖の会オフ会レポート:テーマ「どうだった2012年の手帳、どうする2013年の手帳」 #techo #bungu #手帳 #文具

 10月7日(日)、日本手帖の会のオフ会に参加しました。日本手帖の会は、手帳や文房具の愛好家が集まって情報交換や交流を行う団体。最近では横浜の市民団体にも登録して、横浜市でいくつかの講座を行ったりもしている。
 そんな日本手帖の会、今回は手帳を購入するシーズンが近づいてきたということで、最も基本に帰って今年の手帳を振り返り、来年の手帳を考えるというテーマでオフ会を開催。途中参加、退出を含め、延べ12名による熱い議論が交わされた。当日の様子をレポートします。


●日本手帖の会の最近の活動報告

1.横浜市の市民団体
 活動を内輪だけに止めない。地域、市民への還元。
 市民講座の開催。名刺作成、たほいや。今後はスマートフォン教室、製本教室を予定。

2.大阪のデザイン会社ブラウニーとのコラボ
 ブラウニー制作・販売の「365/2手帳」の2013年版に、日本手帖の会が推奨文を寄せている。
  ポケットに入る半年手帳 _ 2分の365:http://www.brow-cape.co.jp/techou/


●システムダイヤリー(SD)ユーザーの方


・システムダイヤリーのリフィルを保管ボックスに保管。データベースの蓄積。
 情報カードのような管理。今はスキャナで取り込んでEvernoteで管理。
  システム手帳・リフィルのシステムダイアリー:http://system-diary.com/
  すべてを記憶する | Evernote:http://evernote.com/intl/jp/

・ほぼ日手帳も使用。ログ(記録)の記入に使う。
 カズンの評判がよいので、使っていた。ただ、大きい、重い、持ち運びしにくい。机上で使うことが前提。
 持ち運べないとメモや記録がバラバラになる。
  ほぼ日手帳2013 - ほぼ日刊イトイ新聞:http://www.1101.com/store/techo/

Q.ペンはなにを使っているか?
A.ほぼ日手帳オリジナルのペン。中身はジェットストリームなので、芯はジェットストリームのものが使える。インクのノリ、乾きは良い。
#ほぼ日手帳の用紙(トモエリバー)ではジェットストリームはにじむという意見も。書いてから年数が経つと特ににじみがあるらしい。ジェットストリームはなめらかさを出すために粘性を低くしているはずで、経年によりにじむのではないかという意見も。

・1ページでは書ききれないイベントの記録はモレスキン。
 ほぼ日手帳には概要だけ書いてインデックスにする。
 モレスキンや能率手帳は万年筆と相性がいい。カバーは革、本革にこだわる。能率手帳もゴールドを使用。
  MOLESKINE モレスキン:http://www.moleskine.co.jp/
#本皮は水に弱いので扱いに気を使うという方も。一方ビニールは熱に弱いので、使い方によりどちらを使用するかを選ぶのがいいとのこと。

Q.SDにはなにを書いているのか?
A.プログラマなので、プログラムのTIPSを書いている。Evernoteに保存すると勤務先でも自宅でも見ることができる。PCとiPadで見る。
今は直接Evernoteにテキストデータを保存することが多い。

#SDのリフィルは立てても曲がらないように繊維の入り方が工夫されている。


●手帖の会の事務局の方による2013年の手帳のトレンド予測


・雑誌の手帳特集を見ると、:売れ筋がリニューアルした印象。
 EDIT(1日1ページの手帳)のB7サイズ、ほぼ日のシープスキン、など。
 スマートフォンと連携した手帳。
 ほぼ日手帳の英語版:2日で1ページ、1日12時間の時間軸
  EDIT デイリープランナー エディット | MARK'S DIARY | 1日1ページ手帳2013:http://marksdiary.jp/edit/

・カジュアル手帳とビジネス手帳の境界がなくなりつつある傾向が、更に顕著。
・来年は発売されなのかもしれないと思う手帳もある。手帳単体では利益が出ない商品もある模様。そうした手帳がいつまで続くか。

#1月、4月以外にも「○月始まりの手帳」のバリエーションが増えたという意見も。
 中には1月〜来年3月という手帳が欲しいという方も。重なる期間があると転記の手間が省ける。


●超整理手帳ユーザーの方


・超整理手帳のA7サイズで時間管理。
 超整理手帳は自分の空き時間が把握できる。時間管理はしやすい。
 タスクや実績など、ログ管理が難しい。

・オムニフォーカスでGTD(*)。タスク管理の悩みがなくなる。Apple製品で利用可能なソフト。
  オムニフォーカス | act2:http://store.act2.com/software/catalog?id=21878
 *GTD:Getting Things Done。個人のタスク管理の手法。

・ほぼ日手帳でタスクやログの管理。資格試験の勉強のモチベーションになる。

・超整理手帳のユーザーは手帳を二冊使うことが多い。タスクやログの管理のためのもう一冊。
 超整理手帳ロングは折りは良くできていて薄いが、重いことがデメリット。折りの関係で裏のメモページも記入をしにくい。

#タスク管理、GTDをめぐって

・付箋によるタスク管理は、付箋を移動するのが面倒。
・Nozbeなどのソフトを使う方。
  Nozbe.com - GTD実践ためのオンライン ウェブ iPhone iPad Android 生産性向上するアプリケーション:http://www.nozbe.com/jp/
・タスクが多くなり過ぎて嫌になって挫折してしまう方。いつかやることばかり。
 →すぐできるタスクはすぐにやってしまう。
 →やらなくてよいことを記入する「ゴミ箱」シートをつくる。
・デジタルのGTDの利点は遠い未来にリマインダできること。1年後、3年後の自分にも連絡できる。

#超整理手帳的な自作手帳を自作している方。
 ジャバラ式。1ページ1日。縦はA6サイズ、横をA6より細く。広げると裏表で一ヶ月。


●システム手帳を使いこなす方


・バイブルサイズのシステム手帳を使用
 #リフィルを少し整理してお持ちになったそうですが、リフィルは十数センチの厚みがあります。
 Bindexの年間予定表(ジャバラ式)、ウィークリー(バーチカル)でスケジュール管理。
 ウィークリー(ホリゾンタル)をメモ。2013年も同じような構成。
  システム手帳 | JMAM 日本能率協会マネジメントセンター:http://www.jmam.co.jp/productservice/system/index.html

・サブの手帳として、こどもの予定の管理のためプレイオフの手帳を使用。
  pocket book company PLAYOFF - オリジナル手帳製作販売のプレイオフ:http://www.playoff-diary.com/

・2012年に使わなかった手帳
 システム手帳に代わり綴じ手帳を使おうと思ったが、システム手帳を捨てられなかった。
  1.365/2手帳
  2.無印良品のウィークリー・バーチカルタイプ
  3.エイ出版社のA6ウィークリー・バーチカルタイプ。開いたときに無理なく開く。専門の製本の仕方をしているのではないか。

#しばらく製本の方法、手帳を開いた時の形、開き方についての話が続く。

・ダイソーのモレスキン風手帳。マンスリーカレンダーとメモ。モレスキンサイズとB6サイズの二種類。

・手帳の掲載期間への希望。
 1月始まりで3月に終わる手帳が欲しい。こどもの予定は4月〜3月の年度なので。こうした手帳で希望と合致するものがない(週間でも、翌年1月〜3月が見開き二週間になるなど)。
 手帳の販売時期について。1月始まりは8月から並ぶが、4月始まりは2月から発売。もう少し早く購入したい。また1月以外は種類も少ない。

#自衛隊手帳は能率手帳のJMAMが製作していて、15ヶ月分が掲載されているという情報が。
 外資系の企業は9月〜10月の一年で動くので、1月始まり以外の手帳の需要もあるのではないかという意見も。


●今回唯一の女性の方


・ログとしてジブン手帳を使用。ガントチャートでルーチンタスクを管理。月間ページは目次としてトピックを記入。
 ジブン手帳のウィークリーは24時間時間のあるバーチカル式。7日間の大きさが均等。予定と日記を記入。
  ジブン手帳2013 - コクヨS&T:http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/feature/jibun_techo2013/

・予定はPAGEMのB6サイズを使用。
 ジブン手帳は常に持ち歩いて書けない。
  わたし色の手帳PAGEM(ペイジェム)|日本能率協会マネジメントセンター(JMAM):http://pagem.jp/

・メモはiPod touch。twitterの非公開IDにメモ。Todoやライフログなどのアプリを使用。ログは翌朝手帳に転記。

・手帳の紙質について
Q.ジブン手帳もトモエリバーを使用。ほぼ日手帳と同じ紙。裏写りがあるのではないか。
A.ジブン手帳のトモエリバーはほぼ日手帳よりもコシがある。万年筆で書いても裏写りしない。トモエリバーにも複数種類がある模様。また、2013年版では長期使用するLIFEのノート(年表や家系図のページ)はトモエリバーではなくコクヨのミオペーパーを使用。
#ほぼ日手帳とジブン手帳をさわって比べる人たちも。

・ジブン手帳をコクヨが発売したのは、エンディングノートの派生ジャンルとしての狙いもある模様。終活の一環として。

#記録と人生についての話題
・テンミニッツ手帳のカンミ堂が、客からデータを預かるサービスを開始。
 クラウドサービス、ネットサービスでもデータを預かる会社も。
  Kanmido | 株式会社カンミ堂(ノベルティ、販促物、マグネット、インテリア雑貨、文具、販売促進ツールの企画/製造/販売):http://www.kanmido.co.jp/

・記録をどう残すかと、どう消すか。
 自分が死んだら、自分が残したデータは誰が面倒を見るのか。
 手帳とノートは、自分が死んだらどうするのか。手帳だけでなく、コレクター全般に共通する悩み。


●手帳のカバーやバッグなどを自作されている方


・これまでの手帳
 A5システム手帳:カバンから出すのが面倒。書かない。リフィルを自作して管理しきれない。
 キャンパスダイヤリーなど。

・今はロディアNo.8。使いやすい。ポケットからはみ出すサイズなのですぐに取り出せる。前はジョッター(情報カードやメモを挟むカバー)を使っていた。便利だがポケットに埋もれる。
  RHODIA|ロディア|公式ホームページ:http://www.bloc-rhodia.jp/

・MDノート:A6サイズ。カスタマイズしたくなってしまう。
 モレスキン:カバーの自作のしようがないのがいい。ジャバラ型のカレンダーで年間の予定を管理。月単位で予定の日付が分かればいい。
  MD PAPER PRODUCTS MDノート 書くことにこだわった紙のプロダクト:http://www.midori-japan.co.jp/md/

・モレスキンを持ち歩くにはどうするか(日々のメモと保存用のメモの二冊を持つ)。
 持ち歩き用にカバンをつくるが、カバンがあると荷物を入れてしまう。そこでウェストバッグを作る。分離もできるようにする。

Q.以前使われていたページが差し替えられるリングノートは?
A.システム手帳と同じく、リフィルをつくるのに凝ってしまう。既製品の使い方を極めたい。

・Evernote対応のモレスキン:Evernoteのアプリで登録すると、そのまま撮影できる。モレスキンには枠やマーカーはついていない。色付きのシールやペンでタグ付けをすることも可能。


●リフィルが移動するスライド手帳を製作、販売する方


  常に最新の見開き2週間手帳リフィル!スライド手帳:http://www.slide-techo.com/

・スライド手帳のバイブルサイズを作らないのかという声。面積が狭いのでと答えていた。
 しかしニーズが大きくなって、バイブルサイズとミニ6穴サイズを作成。レフト式、ライト式、横バーチカル式を予定。

#バイブルサイズのスライド手帳のデザインについての意見交換

・メモ欄:方眼を両面に印刷すると、裏映りしたときにあっていないと気になる。白紙かドット方眼が良いのでは。
・Q.A5サイズのスライド手帳のように、既製品に穴を追加する商品は予定していないか。
 A.バイブルサイズやミニ6穴サイズは反対側に穴を追加できる製品がない。


●リフィルや手帳のページを自作されるデザイナーの方


Q.来年は手帳を使う予定は?
A.手帳を使う予定はない。カレンダーをA3に印刷して、すべてを書く。外での営業的な仕事をスケジューリングすることはないので。

・記録は家のPCに保存して見ればいい。Evernoteで取り込んでもほとんどデータを見返さない。ノートPCは2kgあるので、余程のことがないと持ち出さない。NECやソニーが発売している小型端末は気になる。

・ライフログ:自分の絵や作品がログ。ネットにアップするには動画にしないといけない。そこまでしてデジタル化する意味があるか疑問。

・手帳に小さい文字で書くことができない。A4のノートにデザインやメモを書く。スケジュールは書けないが、スケジュールはカレンダーで管理。


●複数の手帳を組み合わせる方


2012年の手帳

・ノートカバー(キングジムのレザフェス)。
  レザフェス ノートカバー | レザフェス | 「ファイル」と「テプラ」のキングジム:http://www.kingjim.co.jp/products/file/brand/_list_12144
・A5サイズのマンダラ手帳を:タスクのリストアップに使用。
  マンダラ手帳2013 あなたの人生とビジネスを成功に導く最強のナビゲーター:http://www.mandalatecho.com/
・テンミニッツ手帳の一部(付箋とToDoボード):その日の細かなタスクを管理。
  今日のお仕事整理帳「10min.(テンミニッツ)」:http://www.10-min.net/
・ログはマンダラ手帳のデイリータイプ。1日1ページ。1ヶ月1冊。終わったタスクを書いた付箋を貼る。タスクの種類で8マスに分けている。
・メモは名刺サイズのジョッター。書きやすいサイズ。これより大きいと出したくないし、小さいと見つからない。

ようやく自分にあったフォーマットができた。

2013年に向けて

・ノートカバーの外側にバイブル手帳のカバーをつけて、リフィルを保存。
 カバーが20mmリングなので重い。リヒトのツイストリングノートなども検討したが、先日「台座付き金具」(三習工業)を見つけた。リングが小さく、金属リングなので丈夫な印象。
  文具|製品情報|三習工業株式会社:http://www.sanshu-ind.co.jp/products/stationery.html

・デジタル:LavieZ。13型で800g。NTTドコモの7型250gのMEDIAS TAB UL(メディアスタブUL)など。軽いものを探す。
 デジタルもアナログ(手帳)も100g単位で軽量化を考える。
  NEC パソコン | 121ware.com > ノートPC > LaVie Z:http://121ware.com/lavie/z/?pro=121pro_lv_top
  MEDIAS TAB UL N-08D | 製品 | NTTドコモ:http://www.nttdocomo.co.jp/product/tablet/n08d/



●手帳のユーザーに徹する方


・1年間同じ手帳を使ったことがなかった。
 細かなログは不要なので、モレスキンのウィークリーに記入。

・コレトの合皮カバー(ビニールレザー):ヴィトンのカバーと同じ。欧米のスタンダードサイズかもしれない。「トコだけ手帳」が入る。
  「トコだけ手帳」はコチラ:http://www009.upp.so-net.ne.jp/uhauha/

#記録の方法についての意見。

・アプリ:マイスタッツ。30分単位で記録できる。電車などで隙間時間がないと細かいメモができない。場所によっては手帳が開けないので、iPhoneで入力。
  ライフログ記録・分析用iPhoneアプリ MyStats 時間管理等、自己管理・自己分析向け:http://www.mystats.net/jpn/what_is.html

・手帳の役割:スケジュール、タスク、ログ(記録)


●自作にこだわる方


・手帳を二冊使用。カバーも中身も自作。
・GTDっぽいToDo手帳。4月、10月始まりの二冊。
 スケジュールとタスクを記入。タスクはその場で分けて記入。他の方へ依頼した仕事についても記入(別の部分に書くと見返さなくなってしまう)。
・記録帳:1日1ページ。新書版。


●フリートーク


Q.テンミニッツの付箋でもっと幅が小さいものが欲しい。
A1.テンミニッツには複数のバージョンがある。種類によって大きさも若干異なる。
A2.ココフセンのフィルム付箋。
#フィルム付箋とジェルインクとの相性や、実は鉛筆で書くといいのではないかなどの話題も。

#手帳と付箋の使い方:しおりとして、インデックスとして

#今回のユーザーの共通点
 手帳、付箋、スマートフォン、マーカー、色分け、など。


●木の葉発表


 最後に自分の発表について。

 今回は資料は概要を書いた程度のものしか準備できなかったが、取りあえず資料を見ていただきつつ、口頭で補足説明。ちなみに資料は、セブンイレブンのコピー機にメディア(SDカードなど)を差し込んで、pdfファイルを直接印刷した。この方が自分のプリンタで印刷した紙をコピーするよりきれいだし、値段もコピーと同じくモノクロは10円。自宅からデータをアップロードするネットプリントもあるけれど、あちらは1枚20円なので、自分にとってはメディアからのプリントがベスト。
 「ということをご紹介して、私の発表は終わりたいと思います」と言って、一斉に「おい!」とつっこまれる。つかみはOK(懐かしい)。
 話を戻しますと、ここ数年は月間予定も週間のメモもA5サイズのシステム手帳を使っていたのだけれど、来年は週間はコクヨのシステムダイヤリー(A5サイズ)を使うことにしました。その他詳細は下記の資料をご覧ください。
http://konohamoero.web.fc2.com/techo/2013techo_color.pdf (pdfファイル、123KB)


(参考)事務局の方によるレポート
久々のガチンコ手帖オフ会! CKM-blog(日本手帖の会)/ウェブリブログ
http://tonemariko.at.webry.info/201210/article_2.html


参加者の方のレポート
hirolog:日本手帖の会の第12回手帖オフ会 - livedoor Blog(ブログ)
http://blog.livedoor.jp/kitaharahiroyuki/archives/52431351.html



 手帳に関するブログ記事へのリンクをまとめたページはこちら。
・木の葉燃朗の「手帳と俺」:
 http://konohamoero.web.fc2.com/techo/techo.html
タグ:文房具 手帳
posted by 木の葉燃朗 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。