2012年11月27日

基礎から学ぶスマートフォン:日本手帖の会主催(ドコモショップ本牧店協力)スマートフォン教室レポート(2012.11.03)

1103smapho03

 11月3日(土・祝)、日本手帖の会主催のスマートフォン教室に参加しました。日本手帖の会は、手帳や文房具の愛好家の集まり。情報交換、交流のためのオフ会を行う一方で、最近は横浜で市民の方を主な対象とした講座も定期的に行っている。
 今回のスマートフォン教室もそのひとつ。スマートフォンを使ったことのない方、これから使ってみようという方を対象に、基本的な部分からの説明と、実際にAndroidスマートフォンを触っての体験を行う。具体的には下記のような内容。

1.講義:スマートフォンを使うにあたっての心構え(日本手帖の会・事務局間邉氏)
2.講義:Andoroidスマートフォンのポイント(ドコモショップ本牧店・副店長・櫻井氏)
3.スマートフォン体験(ドコモショップ本牧店のスタッフのみなさん)



1.講義:スマートフォンを使うにあたっての心構え(日本手帖の会・事務局間邉氏)

 今回の教室は、「初めての方も分かる」をテーマに、ドコモショップのスタッフの方の協力を得ながら進行。
 スマートフォンと今までの携帯電話との違い、ポイントを中心に説明。

●スマートフォンの「スマート」とは?

 賢い、頭がいい、という意味のスマート。スマートフォンは高機能の携帯電話を意味する。

●これまでの携帯電話(フィーチャーフォン)とスマートフォン

・フィーチャーフォンは機能を特化した電話機。

・スマートフォンは、機能のひとつに電話がある。「電話もできる」と考えてもらうといいのではないか。そのため、電話専用機だと思うと使い勝手の悪さを感じるところもある。

・スマートフォンは小さなパソコン。あるいは電子手帳に電話の機能がついたものというと、イメージしやすいのではないか。パソコンを使っている人にとっては、感覚が近く、使いやすいかもしれない。一方、パソコンが苦手な人にも敷居が高くなく、とっつきやすい。スマートフォンをきっかけにパソコンを使うようになる方もいらっしゃる。

・これまでの携帯電話とは違う「クセ」がある。そういうクセがあるものと思って使ってもらえば。

●ガラケーとスマートフォン

・ガラケー:ガラパゴス携帯電話。他の国では一般的ではないが、日本独自の機能を持って進化した携帯電話。ガラパゴス諸島の生態系の進化から名付けられる。

・ガラケー三種の神器
 1.赤外線通信、2.ワンセグ、3.おサイフ
 いずれもスマートフォンには標準では搭載されていない。中には導入している機種もある。
 これらの機能がなくてもよい、大丈夫だという方ならスマートフォンに抵抗がないのではないか。これまでの携帯電話と違うということを理解していただき、ガラケーの特徴にこだわりがない方なら、スマートフォンのメリットが感じられる。

●スマートフォンとセキュリティ

・アプリでデータが流失した事件も報道されている。インターネットにつながることのメリット・デメリットはパソコンと同じ。

・ドコモのアンドロイド端末では、ウィルス対策や紛失時の対策もされている。
 体験談として、一ヶ月前にスマートフォンを落として無くしてしまった。ドコモショップに相談したところ、「おまかせロック」で機種自体に遠隔操作でロックをかけてもらう。データの流失を抑えられるサービス。
 ただし、SDカードのデータはロックできない。SDカードを抜き出されてデータを見られてしまうリスクはあった。

・セキュリティに関する三つのポイント
 1.データは本体に保存し、SDカードは一時保管の場所とした方が良い。
 2.ウィルス対策ソフトを導入する。
 3.アプリは怪しげなものはインストールしない。アンドロイドの場合、様々なアプリをインストールできる。公式なストア以外からもダウンロードできるので、注意が必要。

●スマートフォンのメーカー

・国内メーカーと海外メーカー。現在は韓国メーカーが強い。
・かつての世界シェアは、1.ノキア(フィンランド)、2.モトローラ(アメリカ)、3.エリクソン(スウェーデン)。
 現在は1.ノキア、2.サムスン(韓国)、3.LG電子(韓国)。

・韓国メーカーのスマートフォンは、画面の動き方や直接的な反応など、現時点では国内メーカーよりも技術的に優れている。メーカーにこだわる方もいると思うが、国内メーカーの機種は技術的にはこれから。

●スマートフォンを使い始めたら

・最初は苦しいかもしれない。理由は、今までの携帯電話と同じ感覚で使うため。

・自分の経験。iPhoneを使ったこともあるが、うまく使えなかった。現在のAndroidのスマートフォンも、2日間くらい悩んだ。おそらく、初めてスマートフォンを使う人は10日から14日は慣れないと思う。

・今までの携帯電話とは別の、パソコンのような機械だと思うと、慣れるのが早いかもしれない。

・スマートフォンを使うことは、外国人とのコミュニケーションのように考えて欲しい。

●Androidとは

・Android(アンドロイド)をauの商品名だと思っている方も多い。かつてCMが流れたため。
 AndroidはGoogleによるスマートフォン用のOS。OSとは機械を動かす基本のプログラム。パソコンのWindowsなどもOS。

・iPhoneとAndroidの違い
 OSの違い。
 iPhoneはiOS。アップルが作り、アップルの機種のみに搭載されている。
 Androidは各社が使用。Androidのスマートフォンなら、どのメーカー、電話会社でも共通した機能を持つ機種。

 Androidはメーカーに無償で提供されているなぜか? Googleは広告収入を得たい。また、メーカーにとってはOSは最も開発コストがかかる。そのOSが無償提供されているので、コストを下げられる。各社が採用し、Googleの広告収入につながる。

1103smapho01


2.講義:Andoroidスマートフォンのポイント(ドコモショップ本牧店・副店長・櫻井氏)

・携帯電話とスマートフォンの比較
 どの部分がプラスで、どの部分がマイナスか。
 例えば電池の持ち。スマートフォンは携帯電話に比べて消費が早い。他にも、スマートフォンは機能が多いため、処理に時間がかかる場合や再起動が必要な場合もある。

・初めてのスマートフォンを選ぶ際のポイント
 最初は性能の高さを重視して欲しい。性能が低い機種を選んでしまうと不便さが目立ってしまう。

・スマートフォンと携帯電話
 スマートフォンはインターネットの利用を主とする携帯電話。画面へのタッチで操作を行う(ボタンは少ない)。パソコンに近い環境。通話とメールが中心の方は、従来の携帯電話(ガラケー)を利用するのもひとつの考え方。

 スマートフォンでのwebサイト閲覧は、PC用のサイトをそのまま見ることができる。またスマートフォン用のサイトを準備している場合もある。
 アプリは、電話会社(ドコモなど)が作っているものは少ない。ほとんどがアプリを作る専門のメーカーや、個人の方が作って公開している。 
 絵文字やデコメは、ドコモのスマートフォンではspモードに加入すれば使用できる。

・二台持ちについて
 スマートフォンに切り替えるのが不安な方は、携帯電話と二台持つことも検討を。しばらく使ってスマートフォンに移行することもできる。
 費用については、用途を分けると比較的利用料を抑えられる。携帯電話では通話とメールだけ、スマートフォンではwebだけ、など。

・AndroidとiPhone
 OSという観点からは、Androidの方が利点が多いと考える。GmailやGoogleマップのような、Googleのサービスが利用しやすい。
 ただし、ドコモショップでも、お客様の意向を伺って他社でのiPhone導入を提案する場合もある。アプリでも有名なものはAndroidとiPhoneの両方に対応したものが公開されている。
 個人的な見解としては、電話会社にとってiPhoneの販売は負担が大きいと考えている。専用のプランやiPhone用の広告の準備などが必要なため。

・パソコンとスマートフォン
 スマートフォンの使用には、必ずしもパソコンは必要ではない。個人的には、自宅ではパソコンは印刷やデータのバックアップ程度。他はほとんどスマートフォンでことが足りる。
 ただし、パソコンと連携した方が便利な部分もある。

・Xi(クロッシィ)について

・携帯電話の通信
 現在の主流は3G(ドコモでのFOMA)。次の企画として4Gが準備されているが、それまでの移行としてLTEという通信がある。Xiは、このLTEのドコモでの名称。
 Xiでの接続によって、動画やゲームなどの再生も快適になる。

【講義まとめ、質疑応答】

●ショップとのつきあい方(間邉氏)

・ショップスタッフはドコモの社員ではなく、販売代理店の社員の方。
 ショップの中には知識などに差がある(スタッフごとの差、ショップごとの差)。

・信頼できるスタッフを覚えて、次回から指名する。
 桜井さんと知り合ったのは3年前。当時はスマートフォンの推進主任。店舗の質は当時から高かった。
 今回のスマートフォン教室が、信頼できる店舗、スタッフと出会うきっかけになってもらえれば。

●Q&A

Q.アプリのダウンロードについて。Appleのように審査はあるか?
A.Googleもアプリの審査はしている。ただしAppleよりは基準が緩やか。
 またGoogleはAppleに比べて、公式ストアでアプリを公開する費用も抑えられる。
 そのため多くのアプリが公開されているが、質は様々。

Q.誤って問題のあるアプリをダウンロードした時の対策ソフトについて。
A.ドコモには安心スキャンというアプリがある。ただし、最新のアプリにはすぐは対応できない。また、使っている中で個人情報を入力した時に流失するかもしれない。
 アンドロイドマーケットや、ドコモマーケット(ドコモが確認したアプリを公開)があるので、なるべくそうしたストアを利用して欲しい。

1103smapho02


3.スマートフォン体験(ドコモショップ本牧店のスタッフのみなさん)

 講義の後は、参加者1人から2人にスマートフォン1台、スタッフ1名という体制で、基本的な部分から使い方の説明や質疑応答など。一時間ほど時間をかけてじっくりと。参加者のみなさんもショップの皆さんもリラックスして和やかな雰囲気でした。


スマートフォン教室、開催します! CKM-blog(日本手帖の会)/ウェブリブログ
http://tonemariko.at.webry.info/201210/article_3.html

日 時 平成24年11月3日(土)
一回目 10:30〜12:30
二回目 14:00〜16:00
場 所 なか区民活動センター 研修室1・2にて
横浜市中区日本大通34
電話 045-224-8138

講 師 ドコモショップ本牧店副店長・櫻井信二氏
講 師 携帯電話購入アドバイザー・間邉雄輔氏
講 師 ドコモショップ本牧店のスタッフさん

定 員 20名ずつ(事前申込制・先着順・スマホ持っていない方は10名まで)
参加費 1名 300円
申込先 電話またはEメールでお申し込み下さい。
電話 070-5545-1922
E-mail nippon.techo@gmail.com
日本手帖の会・事務局 マナベ宛

主 催 日本手帖の会


日本手帖の会
Twitter https://twitter.com/NipponTecho/
Facebook http://www.facebook.com/TechoSocietyofJapan



 手帳に関するブログ記事へのリンクをまとめたページはこちら。
・木の葉燃朗の「手帳と俺」: http://konohamoero.web.fc2.com/techo/techo.html
posted by 木の葉燃朗 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | デジタル・PC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。