2014年01月11日

「日本手帖の会、関西上陸!」:「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」in神戸(2013/11/30・12/1@NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店)レポート #手帳 #techo #文具 #bungu _

 この「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」の総合順位発表と表彰式、またユーザー同士の交流会を、1月18日(土)に東京ビッグサイト会議室で行います。手帳・文房具のユーザーの方ならどなたでも参加可能。詳しくは下記で。

手帳総選挙の表彰式&交流会を開催致します! http://on.fb.me/1exbbFI


koube_techo09

 2013年11月30日(土)、12月1日(日)の両日、神戸のNAGASAWA神戸煉瓦倉庫店にて、日本手帖の会主催による「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」が行われました。
 日本手帖の会は、2010年発足の手帳・文房具のユーザ-による団体。手帳をテーマに語り合う手帳オフ会、横浜市の市民団体として、手帳にとどまらない幅広い内容を扱う講座開催、メーカー・販売店とのコラボレーションによるイベントなど、様々な活動を行っている。
 中でも、100冊の手帳を展示し、参加者が自由に記入してお気に入りの手帳に投票する「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」は、メインイベントのひとつ。昨年、東京と横浜の公共施設を借りての自主開催企画として初開催。今年は、東京では10月に東急ハンズ銀座店とのコラボレーションイベントとして開催。そしてこの度、初の関西でのイベントとして、ナガサワ文具センターのNAGASAWA神戸煉瓦倉庫店のイベントスペースでの開催となった。

 私も今回、二日間会場でスタッフとしてお手伝いをしましたので、イベントの様子をレポートします。公式なレポートは別途発表されると思います。このレポートはスタッフ個人の極私的な感想ということで。

koube_techo01

 会場は、JR線神戸駅、阪急線高速神戸駅、地下鉄ハーバーランド駅から徒歩10分程度。目の前は海、周辺にもショッピングセンターや文化施設が揃う場所。煉瓦倉庫は、その名の通り元は煉瓦づくりの倉庫をショップやレストランとして使用している。趣のある雰囲気が、イベントへの期待を盛り上げる。

神戸煉瓦倉庫店|ナガサワ文具センター
http://www.kobe-nagasawa.co.jp/store/brick.html



11月30日(土)


 私は他のスタッフの方とは別行動で、開場直前に到着。

「いやすみません、ちょっと『神戸アンパンマンこどもミュージアム』に寄り道したら夢中になっちゃって」 
「神戸にきて早々なにをしてるんですか木の葉さん」

 いや冗談ですが。『神戸アンパンマンこどもミュージアム』は気になりましたけれどね。

koube_techo03

 しかし、11:00の開場とともに、早くも数名のお客様が来店。今回のイベントをお目当てにお越しいただいたようで、ありがたいことです。その後も途切れることなく来場者が続く。日本手帖の会にとっては関西発のイベントですが、上々の滑り出しと言えるのではないでしょうか。
 昨年、東京と横浜で「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」を開催した際、関西での開催を熱望する声も多く、今年はその要望に応えての神戸会場となったのですが、ご来場のみなさんの期待の高さをひしひしと感じました。
 それとともに、ナガサワ文具センターさんのブランド力も感じましたし、日本手帖の会の関西方面担当スタッフを中心としたメディアへの広報活動の効果も大きかったと思う。10月に同じ煉瓦倉庫店で行ったトークショーに参加いただいた方が今回もお越しくださったり、雑誌やwebサイト、新聞の地域版などに掲載された情報を見てお越しになった方がいらっしゃったり、また各会員の関西地方のお知り合いの方が来場されたりと、様々なコミュニケーションが人をつなぐイベントになっているということを感じました。関西の文房具ユーザーのサークルの方々にもご来場いただき、会場の盛り上げていただく。

koube_techo04

 そして、手帳好きは全国にいらっしゃるということも改めて実感。半日近く会場内で各種手帳を吟味する方、会員との手帳談義に花が咲く方、これはどこで開催しても同じですね。特に今年は東京・神戸とも会場中央に椅子とテーブルを準備してもらったので、ゆっくりじっくり見ていただくことができたと思います。

koube_techo02

 中には関西地区の手帳・文房具メーカーの方のご来場もあり、テレビや雑誌の取材もあり、日本手帖の会のさらなる広がりも感じさせ、手応えのあるイベントになりました。サンテレビの取材は、当日夕方のニュースで早速取り上げられ、ご覧になった会員のご家族によれば90秒の中にしっかりとまとめてもらったようで、その情報を聞いて会員一同興奮。また、個人的には雑誌の取材で写真撮影された事務局さんと総選挙実行委員長さんのふたりが、着用していたスタッフ用ブルゾンの感じも相まって、ベテラン漫才コンビに見えて面白かった。

「コンビ名は『手帳&ダイアリー』ですねきっと」
「『手帳&ダイアリー』師匠とか呼ばれて」
「続いての漫才は、『手帳&ダイアリー』のご両人、みたいな」

 好き勝手なことを言う他の会員たち。というか俺。

 こうして初日は無事終了し、会員たちは心地良い疲れを癒すべく、夜の三宮で手帳片手に大いに飲み、食べ、盛り上がったとかなんとかかんとか。

koube_techo10

koube_techo11


12月1日(日)


koube_techo00

 そして二日目。私は三宮に宿泊したので、せっかくだからということで三宮のナガサワ文具センターさん二カ所に寄ってから会場入り。けっこう夢中でお店を見たため、またも到着は開場ぎりぎりの時間に。

「いやすみません、ちょっと『神戸アンパンマンこどもミュージアム』に寄り道したら……」
「木の葉さんそれ昨日と同じネタじゃない」

 ばれたか。

koube_techo05

 二日目は、会場周辺の人出が昨日に輪をかけて多い。駅前からの大通りにはクリスマスマーケットで様々な飲食、販売の出店が並び、煉瓦倉庫そばの広場ではフリーマーケットが開催。神戸港を中心に行われた美術祭「神戸ビエンナーレ」もこの日が二ヶ月間の会期の最終日という、イベントづくめの中、「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」も最終日。
 やはり昨日よりも人通りが多いためか、ふらりといらっしゃる方も増える。会場前で「手帳の展示です」、「手帳のイベントです」の声がけをすると、たまたま通りがかかった方や、近くのお店にいらっしゃった方もご来場いただく。時々来場者の波が大きくなることもあって、次々と受付で投票用紙を渡しては回収してという、その忙しさにうれしい悲鳴が上がりそうになる瞬間も。

koube_techo13

koube_techo12

 会場で手帳を選び、吟味する来場者のみなさんを見ていると、手帳が好きな人は全国にいるし、その熱気はどこでも共通だし、まだまだすごい人はたくさんいるんだなと思う。自作派の人、市販の手帳を使い込む人、などなど、様々な人の様々な話を伺い、手帳を拝見する。

koube_techo06 koube_techo07

 そんな感じで時間を過ごしていたら、あっという間に出発の時刻に。私は帰りも、他のスタッフよりも先に退出させてもらうことになっていたので、15:30くらいには会場を後にする。

 最後に煉瓦倉庫店でも買い物をして、神戸を後にしたのでありました。

koube_techo08

 個人的にはなかなか忙しい時期の神戸行きでしたが、行きたい場所に行けたり、会いたい人に会えたり、行く前に予定していたことがほぼ予定通りにできたので、行って良かったです。

日本手帖の会 Facebook
https://www.facebook.com/TechoSocietyofJapan
日本手帖の会・公式アカウント (NipponTecho) Twitter
https://twitter.com/NipponTecho



 手帳に関するブログ記事へのリンクをまとめたページはこちら。
・木の葉燃朗の「手帳と俺」: http://konohamoero.web.fc2.com/techo/techo.html
タグ:手帳
posted by 木の葉燃朗 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。