2014年02月02日

2月11日(火・祝)は「日本手帖の会×ぷんぷく堂コラボ企画」本八幡手帖交流会 #bungu #techo #文具 #手帳 _

 2月11日(火・祝)は下記の催しに参加予定。
 千葉県市川市本八幡の文具店「ぷんぷく堂」と、私も参加している手帳ユーザーの集まり「日本手帖の会」による、手帳がテーマの交流会。おそらく、今年の手帳などについて情報交換、交流をする内容になると思います。

 で、手帳が好きだったり興味があったりするけれど、あまり詳しくない方にも参加して欲しいなと思います。ぷんぷく堂の交流会に参加する方も日本手帖の会に参加する方も、奥行きは深いけれど間口は広いので。

 それから、ぷんぷく堂は普段は19時〜22時に営業しているという独特な文具店。品揃えもこだわりがあります。気になる方はwebサイトを見てみてください。

ぷんぷく堂 | 夜19時からユルく開いている文具店 http://www.punpukudo.jp/

第五回本八幡文具交流会「日本手帖の会×ぷんぷく堂コラボ企画」本八幡手帖交流会 2014年2月11日(祝)参加者募集。#bungu #文具 #手帖 #手帳 - TwiPla
http://twipla.jp/events/77008

さて、2014年最初の文具交流会は

「日本手帖の会×ぷんぷく堂コラボ企画」
本八幡手帖交流会   です。

今回は「日本手帖の会」のメンバーが進行役!

交流会の内容は決まり次第更新していきますので、少々お待ちください。

終了10分前に「リサイクル文具交換会」も開催します。
うちに眠っていて使わない文具があったらご持参ください。

ただし、
***宗教や政治、物の販売に関する事はNGでお願いします***
(もちろん、脱線は覚悟でお願いします)

当日は12時から「ぷんぷく堂」が祝日営業します。
普段夜だと来られない方も、ぜひこの機会に不思議な文具店をご覧頂けたら嬉しいです。
 
興味がある方はとりあえず「興味あり」を押してください。

日時 2014年2月11日(祝) 午前10時から12時まで
場所 空スペース空箱(あきすぺーすからばこ)
   千葉県市川市八幡5−6−29
   (隣にぷんぷく堂があります。)
交通 JR総武線 本八幡駅北口下車徒歩8分
   京成線 京成八幡駅船橋方向に。徒歩6分
   都営新宿線 本八幡駅下車徒歩6分
(空スペース空箱とぷんぷく堂は京成線「京成八幡駅」と「鬼越駅」間の線路沿いにあります。)
定員 私入れて16名

会費 お一人様400円(場所代210円に飲み物とお菓子代です。)
   お菓子じゃ物足りない方は食料持参しても結構ですよ。
   ブランチ食べながらの交流会もオッケーです^^。
   (アルコール、強烈ににおう食べ物は禁止)

皆様のご参加お待ちしております。

タグ:手帳
posted by 木の葉燃朗 at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月25日

イベント「『大人の落書き帳』をつくってみませんか?」(1/25・26@東急ハンズ新宿店)に行ってきました #bungu #文具 _

20140125Ring

 自分で好きな色の紙を選び、リング製本をして「大人の落書き帳」が作れるイベント「『大人の落書き帳』をつくってみませんか?」に行ってきました。

 会場は東急ハンズ新宿店8階、エスカレーター上がってすぐのところで開催しています。

 24色の紙の中から、自由に50枚を選んで、穴開け、リング製本をして、オリジナルの「落書き帳」がつくれる。

 まず、この色のチョイスが悩ましくも楽しい。どの色を選ぶのか、その色をページごとにどう並べるのか。また、「落書き帳」とはいえ、用途は自由なので、製本後に使おうという目的によっても変わってくる。色々書くのに使うなら薄目の色を中心に、スクラップブックやアルバムのように貼り付けようと思うなら濃い色でも、などなど。

 紙が決まったら、穴開け。紙をセットして、パンチ穴を開ける作業を少しずつ繰り返す。これが、作業をしていると不思議に集中してくる。あまり色々考えないで無心にできるのが良いと思います。

 最後はリングを通して留める。リングノートって、普段どうやってできているか分からなかったけれど、「こんな感じで出来上がるんだね」と分かるのが興味深かった。そして、自分で紙を選んで、穴開けして製本してつくったノートというのは、やはり愛着がわきます。

20140125Ring002

 開催は明日まで。お時間と興味ある方はぜひ。

「大人の落書き帳」をつくってみませんか? - 8F - ヒント・ショー - 東急ハンズ新宿店
http://shinjuku.tokyu-hands.co.jp/demo/8f/post-207.html

開催日時:1月25日(土)・26日(日)
12:00〜19:00
定員:1日30名
参加費:税込630円


 それから、今回のイベントを担当しているのは、千葉県本八幡の文房具店「ぷんぷく堂」さん。普段は夜7時から10時まで、夜だけ営業している。その営業時間とか、鉛筆や綴じノートを中心にした独自の品揃えとか、面白いお店なので、こちらも興味ある方はぜひ。

ぷんぷく堂 | 夜19時からユルく開いている文具店
http://www.punpukudo.jp/

タグ:文房具
posted by 木の葉燃朗 at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月23日

自分でリング製本をして「大人の落書き帳」が作れるイベント:「「大人の落書き帳」をつくってみませんか?」(1/25・26@東急ハンズ新宿店) #bungu #文具 _

 私が直接関わっているわけではないですが、いつもお世話になっているお店が開催されるイベントなので紹介します。

 今週末の1月25日(土)・26日(日)、東急ハンズ新宿店で「「大人の落書き帳」をつくってみませんか?」というイベントが行われます。千葉県本八幡の文房具店ぷんぷく堂さんが東急ハンズで開催。用意された便箋用紙の中から好きな色を選び、リング綴じ用の穴を開け、リング製本して落書き帳をつくる、というもの。
 リング製本が自分でできる機会は珍しいと思うので、興味ある方はどうぞ。私も25日に遊びに行く予定です。

ぷんぷく堂 - 【東急ハンズ新宿店で初イベント!】 19時からユルく開けてる文具店ぷんぷく堂、 今回「東急ハンズ新宿店8階」で...
https://www.facebook.com/punpukudo/posts/578135018936559?stream_ref=10

20年前のカラフルなデッドストック便箋、これを自分の好きな色に丁合いしてカール事務器さんの「トジックル」で穴あけからリング綴じまで体験できちゃいます。

ぷんぷく堂店主も両日常駐し、トジックルの使い方等親切に
ご説明します。

ぜひお気軽に遊びにいらしてください。

(12時〜19時まで。予約制ではありません。
15時〜16時までは休憩の為イベントはお休みです。)

「大人の落書き帳」をつくってみませんか? - 8F - ヒント・ショー - 東急ハンズ新宿店
http://shinjuku.tokyu-hands.co.jp/demo/8f/post-207.html

開催日時:1月25日(土)・26日(日)
12:00〜19:00
定員:1日30名
参加費:税込630円

 そして、ぷんぷく堂さんは普段は夜7時から10時まで営業している文具屋さん。珍しい文房具をそろえているので、こちらも興味ある方はぜひ。

ぷんぷく堂 | 夜19時からユルく開いている文具店
http://www.punpukudo.jp/

タグ:文房具
posted by 木の葉燃朗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月12日

日本手帖の会、2014年最初のオフ会は「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」表彰式&手帳ユーザー交流会 #手帳 #techo #文具 #bungu _



 手帳の愛好家(ユーザーの団体)「日本手帖の会」。2014年最初のイベントは、2013年に行った「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」の結果発表、表彰式です。更に、もちろんユーザー同士の交流会も実施。

 表彰式には手帳メーカーの方も出席予定とのことなので、手帳好き、文房具好きの方には様々な刺激が得られる場になるのではないかと思います。私も、昨年二回の「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」を当日スタッフという立場でお手伝いした者として、参加します。

日本手帖の会・公式アカウント (@NipponTecho) Twitter
https://twitter.com/NipponTecho

手帳総選挙の表彰式&交流会を開催致します! 日本手帖の会Facebook
http://t.co/5FfH1k7KMA

日 時 2014年1月18日(土)10:30〜

場 所 東京ビッグサイト 7F会議室・701号室
〒135-0063 東京都江東区有明3-11-1
03-5530-1111

会 費 ひとり1,000円(会場費のみ)

内 容 10:00 開場
10:30〜12:30 手帳総選挙・表彰式
12:30〜13:30 休憩
13:30〜16:30 手帖オフ会&交流会

その他 参加ご希望の方は、nippontecho@gmail.com
事務局・間邉までお申し込み下さい。

 手帳に関するブログ記事へのリンクをまとめたページはこちら。
・木の葉燃朗の「手帳と俺」: http://konohamoero.web.fc2.com/techo/techo.html
タグ:手帳
posted by 木の葉燃朗 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月11日

「日本手帖の会、関西上陸!」:「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」in神戸(2013/11/30・12/1@NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店)レポート #手帳 #techo #文具 #bungu _

 この「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」の総合順位発表と表彰式、またユーザー同士の交流会を、1月18日(土)に東京ビッグサイト会議室で行います。手帳・文房具のユーザーの方ならどなたでも参加可能。詳しくは下記で。

手帳総選挙の表彰式&交流会を開催致します! http://on.fb.me/1exbbFI


koube_techo09

 2013年11月30日(土)、12月1日(日)の両日、神戸のNAGASAWA神戸煉瓦倉庫店にて、日本手帖の会主催による「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」が行われました。
 日本手帖の会は、2010年発足の手帳・文房具のユーザ-による団体。手帳をテーマに語り合う手帳オフ会、横浜市の市民団体として、手帳にとどまらない幅広い内容を扱う講座開催、メーカー・販売店とのコラボレーションによるイベントなど、様々な活動を行っている。
 中でも、100冊の手帳を展示し、参加者が自由に記入してお気に入りの手帳に投票する「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」は、メインイベントのひとつ。昨年、東京と横浜の公共施設を借りての自主開催企画として初開催。今年は、東京では10月に東急ハンズ銀座店とのコラボレーションイベントとして開催。そしてこの度、初の関西でのイベントとして、ナガサワ文具センターのNAGASAWA神戸煉瓦倉庫店のイベントスペースでの開催となった。

 私も今回、二日間会場でスタッフとしてお手伝いをしましたので、イベントの様子をレポートします。公式なレポートは別途発表されると思います。このレポートはスタッフ個人の極私的な感想ということで。

koube_techo01

 会場は、JR線神戸駅、阪急線高速神戸駅、地下鉄ハーバーランド駅から徒歩10分程度。目の前は海、周辺にもショッピングセンターや文化施設が揃う場所。煉瓦倉庫は、その名の通り元は煉瓦づくりの倉庫をショップやレストランとして使用している。趣のある雰囲気が、イベントへの期待を盛り上げる。

神戸煉瓦倉庫店|ナガサワ文具センター
http://www.kobe-nagasawa.co.jp/store/brick.html



11月30日(土)


 私は他のスタッフの方とは別行動で、開場直前に到着。

「いやすみません、ちょっと『神戸アンパンマンこどもミュージアム』に寄り道したら夢中になっちゃって」 
「神戸にきて早々なにをしてるんですか木の葉さん」

 いや冗談ですが。『神戸アンパンマンこどもミュージアム』は気になりましたけれどね。

koube_techo03

 しかし、11:00の開場とともに、早くも数名のお客様が来店。今回のイベントをお目当てにお越しいただいたようで、ありがたいことです。その後も途切れることなく来場者が続く。日本手帖の会にとっては関西発のイベントですが、上々の滑り出しと言えるのではないでしょうか。
 昨年、東京と横浜で「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」を開催した際、関西での開催を熱望する声も多く、今年はその要望に応えての神戸会場となったのですが、ご来場のみなさんの期待の高さをひしひしと感じました。
 それとともに、ナガサワ文具センターさんのブランド力も感じましたし、日本手帖の会の関西方面担当スタッフを中心としたメディアへの広報活動の効果も大きかったと思う。10月に同じ煉瓦倉庫店で行ったトークショーに参加いただいた方が今回もお越しくださったり、雑誌やwebサイト、新聞の地域版などに掲載された情報を見てお越しになった方がいらっしゃったり、また各会員の関西地方のお知り合いの方が来場されたりと、様々なコミュニケーションが人をつなぐイベントになっているということを感じました。関西の文房具ユーザーのサークルの方々にもご来場いただき、会場の盛り上げていただく。

koube_techo04

 そして、手帳好きは全国にいらっしゃるということも改めて実感。半日近く会場内で各種手帳を吟味する方、会員との手帳談義に花が咲く方、これはどこで開催しても同じですね。特に今年は東京・神戸とも会場中央に椅子とテーブルを準備してもらったので、ゆっくりじっくり見ていただくことができたと思います。

koube_techo02

 中には関西地区の手帳・文房具メーカーの方のご来場もあり、テレビや雑誌の取材もあり、日本手帖の会のさらなる広がりも感じさせ、手応えのあるイベントになりました。サンテレビの取材は、当日夕方のニュースで早速取り上げられ、ご覧になった会員のご家族によれば90秒の中にしっかりとまとめてもらったようで、その情報を聞いて会員一同興奮。また、個人的には雑誌の取材で写真撮影された事務局さんと総選挙実行委員長さんのふたりが、着用していたスタッフ用ブルゾンの感じも相まって、ベテラン漫才コンビに見えて面白かった。

「コンビ名は『手帳&ダイアリー』ですねきっと」
「『手帳&ダイアリー』師匠とか呼ばれて」
「続いての漫才は、『手帳&ダイアリー』のご両人、みたいな」

 好き勝手なことを言う他の会員たち。というか俺。

 こうして初日は無事終了し、会員たちは心地良い疲れを癒すべく、夜の三宮で手帳片手に大いに飲み、食べ、盛り上がったとかなんとかかんとか。

koube_techo10

koube_techo11


12月1日(日)


koube_techo00

 そして二日目。私は三宮に宿泊したので、せっかくだからということで三宮のナガサワ文具センターさん二カ所に寄ってから会場入り。けっこう夢中でお店を見たため、またも到着は開場ぎりぎりの時間に。

「いやすみません、ちょっと『神戸アンパンマンこどもミュージアム』に寄り道したら……」
「木の葉さんそれ昨日と同じネタじゃない」

 ばれたか。

koube_techo05

 二日目は、会場周辺の人出が昨日に輪をかけて多い。駅前からの大通りにはクリスマスマーケットで様々な飲食、販売の出店が並び、煉瓦倉庫そばの広場ではフリーマーケットが開催。神戸港を中心に行われた美術祭「神戸ビエンナーレ」もこの日が二ヶ月間の会期の最終日という、イベントづくめの中、「手帳100冊! 書き比べ総選挙!!」も最終日。
 やはり昨日よりも人通りが多いためか、ふらりといらっしゃる方も増える。会場前で「手帳の展示です」、「手帳のイベントです」の声がけをすると、たまたま通りがかかった方や、近くのお店にいらっしゃった方もご来場いただく。時々来場者の波が大きくなることもあって、次々と受付で投票用紙を渡しては回収してという、その忙しさにうれしい悲鳴が上がりそうになる瞬間も。

koube_techo13

koube_techo12

 会場で手帳を選び、吟味する来場者のみなさんを見ていると、手帳が好きな人は全国にいるし、その熱気はどこでも共通だし、まだまだすごい人はたくさんいるんだなと思う。自作派の人、市販の手帳を使い込む人、などなど、様々な人の様々な話を伺い、手帳を拝見する。

koube_techo06 koube_techo07

 そんな感じで時間を過ごしていたら、あっという間に出発の時刻に。私は帰りも、他のスタッフよりも先に退出させてもらうことになっていたので、15:30くらいには会場を後にする。

 最後に煉瓦倉庫店でも買い物をして、神戸を後にしたのでありました。

koube_techo08

 個人的にはなかなか忙しい時期の神戸行きでしたが、行きたい場所に行けたり、会いたい人に会えたり、行く前に予定していたことがほぼ予定通りにできたので、行って良かったです。

日本手帖の会 Facebook
https://www.facebook.com/TechoSocietyofJapan
日本手帖の会・公式アカウント (NipponTecho) Twitter
https://twitter.com/NipponTecho



 手帳に関するブログ記事へのリンクをまとめたページはこちら。
・木の葉燃朗の「手帳と俺」: http://konohamoero.web.fc2.com/techo/techo.html
タグ:手帳
posted by 木の葉燃朗 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月22日

手帳本・たほいや本の「このは完売」ふたたび。そして来年の展望

 

 お知らせとお礼を。

 頒布していました二冊の冊子、「本日のたほいやレポート2012」、「日本手帖の会2012年活動報告」、在庫ゼロとなりました。お申し込みをいただいた皆様、ありがとうございました。今後は、もしも一定数のご希望があれば増刷予定ですが、基本的には完売扱いとなります。
 まあ、私がキンコーズに行ってコピーして製本すれば増刷できるのですけれどね。数冊だとコピー代が割高になってしまうのと、製本もそれなりに時間がかかるので、つくるならある程度まとめたいという気持ちもあって、一旦完売とさせてください。

 一応、見本として取ってあるものが1、2冊はありますので、「どうしても」という方はご連絡ください。ご相談します。
 木の葉燃朗へのメッセージ:http://form1.fc2.com/form/?id=681168

 2013年版はどうしようかと思っていますが、日本手帖の会の冊子は、会としてつくる計画が持ち上がっています。まだ計画ですが、そちらに参加させてもらいたいなと思っています。

 たほいやの本は、これはもう自分でつくるしかないので、来年も頑張りたいと思います。より多くの人にお届けするべく、頒布方法は検討します。前に少し書いたように、文学フリマやコミックマーケットに出ることを検討するのもひとつの方法かもしれないと思っています。


 久々に、webサイトの手帳とたほいや関連のページも更新しました。

木の葉燃朗の「手帳と俺」
 http://konohamoero.web.fc2.com/techo/techo.html

木の葉燃朗の「たほいやと俺」
 http://konohamoero.web.fc2.com/tahoiya/index.html



●木の葉燃朗のサイトはこちら→書評と東京歩きと小説のページ「がらくた書斎」
http://konohamoero.web.fc2.com/
posted by 木の葉燃朗 at 20:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月19日

忘年会や新年会をより印象的に、この冬「手帳一本締め」を提案します #手帳 #techo _

 忘年会や新年会の多いこの季節。気の会う仲間たちとの語らいの時間は楽しいもの。

 そんな会をより印象的に、記憶に残るものにするために、この冬、「手帳一本締め」を提案します。

 やり方は簡単。


1.宴もたけなわとなった頃、幹事さんがおもむろに「じゃあ、最後は手帳一本締めで」と声をかけましょう。

2.各自、手帳を手に持ち、今日のページを開きましょう。
 手帳を二冊以上持っている方は、両手に別の手帳を持たれても結構です。
 手帳を持っていない方は、スマートフォンでも。タブレットでも。ノートパソコンでも。

3.音頭を取ります。「お手帳拝借!」

4.「よーお!」

5.パフ(手帳を閉じる音)。手帳を閉じて、思い出も綴じましょう。



 きっと、「今年は一味違う会になったネ」と、話題になること請け合い。


……

……「お手帳拝借」って言いたかっただけだな。


 手帳に関するブログ記事へのリンクをまとめたページはこちら。
・木の葉燃朗の「手帳と俺」: http://konohamoero.web.fc2.com/techo/techo.html
タグ:手帳
posted by 木の葉燃朗 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月28日

今週末11/30・12/1は神戸で手帳とかボードゲームとか

俺 「土日、神戸に行ってきます」
同僚「はあ、この忙しい時期に。まあ休みなので自由ですけど」
俺 「すみません」
同僚「で、なにしに」
俺 「て、手帳」
同僚「やっぱり手帳か。聞かなくても分かったけど一応聞いたけどやっぱり手帳か」


 ということで、11月30日(土)・12月1日(日)は神戸で手帳のイベントに参加してきます。手帳や文房具にご興味ある方はお越しください。

 ちなみに、関西在住のお知り合いの方もいらっしゃるのですが、今はあんまり接点もないし、メールなどでの直接のご連絡は控えておきます。もし久々に木の葉燃朗に会いたいと言ってくださる方がいらっしゃれば嬉しいです。土曜日は11:00〜18:00のまるまる、日曜日も11:00〜15:00頃までいます(イベントは日曜日は17:00まで)。

【開催決定】
第二回・手帳100冊!書き比べ総選挙、開催します!

日 程 : 平成25 年11月30日(土)、12月1日(日)
時 間 : 11:00〜 18:00 (最終日は17時まで)
会 場 : NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店
参加費 : 無料
https://www.facebook.com/TechoSocietyofJapan/posts/591914064183973


手帳100冊 書き比べ総選挙(ナガサワ文具センター)
http://www.kobe-nagasawa.co.jp/event/techosenkyo.html



 あと、30日(土)の夜は、三宮のゲームスペース「トリックプレイ」に遊びに行きます。マイミクシィの方と現地で合流。この日は翌朝5時まで営業の日らしいので、時間が許す限りいようかと。それでも、遅くとも25時くらいにはホテルに帰りますが。

 神戸でも「たほいや」ができるといいですな。

 こちらも、私からはお誘いしませんが、ご一緒できる方がいらっしゃれば嬉しいです。ご連絡をいただければ、私の到着時間などを別途お知らせします。現時点で時間のスケジュールが未確定なので。

神戸三宮のボードゲームショップ&プレイスペース「トリックプレイ」
http://trickplay.net/



 観光や買い物をする時間はないと思いますが、三宮のセンタープラザは時間があれば見てみたい。一部にオタク向けショップが集まっていて、中野ブロードウェイみたいになっているらしい。

 本当はもう一日休みが取れればゆっくりできたのですが、そうも言っていられない。なんにしても、今年最初で最後の遠出の旅行になるので、楽しんできたいと思います。
posted by 木の葉燃朗 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月17日

手帳好きと手帳好きが出会う場所:「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」(@東急ハンズ銀座店)レポート #手帳 #techo #文具 #bungu _

201310TechoSenkyo

 2013年10月12日(土)〜14日(日・祝)、東急ハンズ銀座店で「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」が行われました。私も13日にスタッフとして半日会場にいましたので、イベントの模様をレポートします。

 この「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」は、昨年から始まったイベント。手帳の愛好家・ユーザーの団体である「日本手帖の会」が主催。2012年は東京と横浜の公共施設で行った。また2012年には、関連イベントとして東急ハンズ銀座店で「人気投票☆ 来年の手帳30冊!」も実施。
 そして今年は、満を持して東急ハンズでの「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」開催となりました。会場も、昨年は6階文房具売場の一角をお借りしての開催でしたが、今年は7階のイベントスペースでの実施。このイベントスペースは定期的に様々な展示やイベントが行われているので、今回の「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」にも独立したイベントとしての存在感がある。もちろん昨年も独立したイベントでしたし、手帳売場の近くという好立地ではありましたが、手帳メーカーの販促イベントだと勘違いされるなどの経験もしました。
 比較すると今年は、メーカーや東急ハンズという販売側ではなく、あくまでユーザーの集まりである日本手帖の会のイベントだというアピールができていたように思う。これは、この場所を提供いただき、かつポスターなどの販促物も含めた東急ハンズのご協力あってのことだと思います。


 投票結果や来場者数などの結果は公式に告知がされるでしょうから、ここでは会場の様子・雰囲気や来場者について。
 私は13日(日)の13時から20時まで、ほぼ会場にいたのですが、19時頃まではほとんど人が途切れることないく、常時10人くらいいらっしゃるような状況。この日、有楽町・銀座界隈には多くの人がおり、東急ハンズの売場自体もにぎわっていました。

 いらっしゃった方は、文房具売場の手帳コーナーから来られた方、イベントスペースを見に来たら手帳のイベントを行っていたので立ち寄った方、今回のイベント目当てやスタッフのお知り合いの方など、バラエティに富んでいる。そして、滞在時間の長さと、来場者とスタッフ、あるいは来場者間でのコミュニケーションの活発さが印象的。これは昨年も感じたことですが、今年はより一層その特徴が顕著だったように感じます。中央に大きめのテーブルを設置したことで、展示されている手帳を持ってきて調べ、書き込む方、あるいは手帳について談笑する方などの姿が見られました。
 もちろん、一人でじっくりと手帳を見たいという方もいらっしゃるし、それはまったく否定しません。しかし、手帳について語りたいけれど、まわりにその熱気を共有できない方も多いのだと思います。かといってオフ会や交流会に足を運ぶのは気後れしてしまう。そういった方に、こうしたオープンスペースでのイベントを行い、そこで手帳好き同士が出会い、交流できることには大きな意味があると思うのです。ここをスタートに、日本手帖の会のオフ会にも来てもらえるなら非常にありがたいことです。

 もうひとつ、「手帳に試し書きができる」というこのイベントの特徴にも、やはり大きな意味があると思う。売場ではパッケージされて中が見えない手帳もある中、イベントスペースでは100種類という限られた数ながら、すべての手帳を中を自由に見ることができてペンで書き込みをして良い。これは、分かる人には分かっていただけるであろう画期的な企画だと思います。
 また、東急ハンズとのコラボレーションながら、日本手帖の会としての独自性、独立性も持っている。なにしろ、東急ハンズでは取り扱っていない手帳も展示し、投票の対象にしている。ハンズ以外の特定の店舗のみ取り扱う手帳、販売店の独自ブランドの手帳、100円ショップのみで扱う手帳、などなど。こうした手帳も展示し、投票の対象とするところは、東急ハンズの懐の深さと言えましょう。


 そして今年はもう一回、しかも関西で「手帳 総選挙」を実施します。開催要項は下記のとおり。

【開催決定】
第二回・手帳100冊!書き比べ総選挙、開催します!

日 程 : 平成25 年11月30日(土)、12月1日(日)
時 間 : 11:00〜 18:00
会 場 : NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店
参加費 : 無料
https://www.facebook.com/TechoSocietyofJapan/posts/591914064183973


 昨年、東京と横浜のみの開催だったことに対し、「是非関西でも」、「なぜ東京と横浜だけなのか」という声も寄せられた「手帳100冊!書き比べ総選挙!!」。その声にお応えした形で、神戸での開催を行います。これは、関西での開催を熱望していたみなさん、関西の手帳・文房具好きのみなさんに、きっと万難を排し、大挙していらっしゃっていただけるのでしょう。今から楽しみです。

日本手帖の会
 facebook https://www.facebook.com/TechoSocietyofJapan
 twitter https://twitter.com/NipponTecho


 手帳に関するブログ記事へのリンクをまとめたページはこちら。
・木の葉燃朗の「手帳と俺」: http://konohamoero.web.fc2.com/techo/techo.html
タグ:手帳
posted by 木の葉燃朗 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月14日

サクラクレパス、クーピーの手帳 #手帳 #文具 #techo #bungu _

デルフィーノ 2014年 キャラクターマンスリー手帳 サクラクレパス クレパス 【2013年10月始まり】 オレンジ B6サイズ SKR−34629
「2014年 キャラクターマンスリー手帳 サクラクレパス クレパス(B6サイズ SKR-34629)」(デルフィーノ)

デルフィーノ 2014年 キャラクターマンスリー手帳 サクラクレパス クーピー 【2013年10月始まり】 ブルー B6サイズ SKR−34631
「2014年 キャラクターマンスリー手帳 サクラクレパス クーピー (B6サイズ SKR−34631)」(デルフィーノ)

 キャラクター手帳のデルフィーノと、サクラクレパスがコラボレートした手帳。
 見慣れた(でも手帳ではない)文房具のデザインの手帳というのは新鮮。

キャラクター手帳ならデルフィーノ http://www.e-delfino.com/
株式会社サクラクレパス http://www.craypas.com/

タグ:文房具 手帳
posted by 木の葉燃朗 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月10日

「EDiT」を初めとする商品開発の秘密の一端に触れる:日本手帖の会・マークスオフ会レポート #手帳 #techo #文具 #bungu _



 9月28日(土)、日本手帖の会のオフ会に参加しました。日本手帖の会は、手帳や文房具の愛好家の集まり。定期的にオフ会や催し、講座などを開催している。

 今回は特別企画として、マークス株式会社を訪問し、お話を伺う。マークスは、元々は出版・編集からスタートし、現在はデザインに優れた手帳、文房具を販売するメーカーとして主に知られている。一日一ページの手帳「EDiT」も、マークスの製品です。

MARK'S ||| 株式会社マークス http://www.marks.jp/

 そうしたマークスの考え方、そしてEDiTを中心とする手帳の開発について、お話を伺う。オフレコの話がほとんどなのですが、紹介できる範囲で当日の模様をお伝えします。

 会場は、社内の会議室。例えるなら、テレビのドキュメンタリー番組などに良く出てくる商品開発会議を行うような雰囲気の場所で、その様子に参加者一同テンションが上がる。

 まずびっくりしたのは、オフ会の冒頭で会長自らに企業理念についてお話いただいたこと。この年齢になってくると私もそれなりに色々分かってくるのですが、いわゆるユーザーの訪問に対してトップ自らが応対されるというのは、なかなかない。創業から現在まで、各事業領域に進出した経緯、今後の展望など、我々が知っている手帳・文房具のマークスのイメージだけでなく、会社全体の考え方が分かる。質疑応答でも、熱心な、時に突っ込んだ質問も多く寄せられていました。

 続いて、手帳開発の責任者の方から、EDiTを中心とする手帳の商品開発についてのお話。企業秘密の話もかなりありましたので、あまり詳しくは書けないのですが、とにかく非常に試行錯誤を重ねていることは強く伝わってくる。また、レイアウトやデザインについてのこだわりと、ユーザーにとっての使いやすさのバランスも考えられていて、商品は毎年チューニングされている。
 それゆえに、ユーザーの声についても敏感で、参加者からの手帳に対する様々な意見や要望にも、真摯に耳を傾けていたのが印象的だった。こうした日々の業務の積み重ねが、成果としての商品になっているのでしょう。

 最後は、マークスの2014年の手帳サンプルを見て、参加者が気に入ったデザインを決める企画も。ここでも、これまでマークス製品だと思っていなかった手帳や、初めて見た手帳などもあり、興味深かった。そして、2014年の手帳候補にEDiTも含めようと思いました。私はこれまで、一日一ページの手帳は書くことがなさすぎて自分には荷が重いと思っていたのですが、今回の製品に対する思いを聞いて、実際に手帳を手にとって眺めてみて、欲しいと思いました。逆に、一日一ページの手帳を持てば、日々書くようになるのかもしれない。

 というような、あっと言う間の三時間でした。

 最後に(これはもはや蛇足ですが)。マークスの手帳開発の担当者は、女性の比率が高いとのこと。たしかにそうした細やかさが製品に反映されていると思う。ということを含めて、オフ会の最後に「これからは個人的に、マークス手帳開発の女性陣を『マークス・エンジェルス』とお呼びしたいです」と感想を述べたところ、結構ウケる。良かったです。ここでスベったら目も当てられなかった。ちなみにその後、「手帳界のなでしこジャパン」というのも思いついて、これも個人的にはいいかなと思っている。

日本手帖の会
 facebook https://www.facebook.com/TechoSocietyofJapan
 twitter https://twitter.com/NipponTecho



 手帳に関するブログ記事へのリンクをまとめたページはこちら。
・木の葉燃朗の「手帳と俺」: http://konohamoero.web.fc2.com/techo/techo.html
タグ:文房具 手帳
posted by 木の葉燃朗 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

筆箱は使っていないので普段使っているペン立ての写真を撮ってみました #bungu #文具 _

 文房具のオフ会に参加しました。その時「筆箱について語りたいので、持っている筆箱を持参してもらえれば」というお話がありました。
 ただ、実は私は筆箱って持たない。必要なペンを数本カバンに直に入れて持ち歩いてます。オフ会などでペンそのものをたくさん持っていく必要がある時は、何年か前に買った福袋に入っていたペンケースに入れて持ち歩きますが。あとはせいぜい資格試験を受けるときに鉛筆を持っていくくらいか。

 勤め先でも家でも、もっぱらペン立て派。ということで、オフ会に持参した自宅のペン立ての写真があるので載せておきます。

 どちらもペン立てというかマグカップを流用しているだけですが。ひとつは、懐かしい(業界関係者だけ?)アッカ・ネットワークスの販促品のマグカップ。

pen002

pen004

 もうひとつは、雑貨屋で航空会社っぽい(海外に実在するのか、「それ風」のデザインかは不明)デザインに惹かれて買ったマグカップ。

pen001

pen003

 ちなみに、なんだか文房具業界でペン立ての写真を取ったりペン立てを見せあったりするムーブメントかあるとかないとか聞いたことはありますが、詳しくは存じ上げないですし興味もないです。まったく別の観点から写真を撮っていますので、そのあたりはどうぞよろしく。


 手帳に関するブログ記事へのリンクをまとめたページはこちら。
・木の葉燃朗の「手帳と俺」: http://konohamoero.web.fc2.com/techo/techo.html
タグ:文房具
posted by 木の葉燃朗 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月03日

告知:11月4日(月・祝)午前「第四回本八幡文具交流会」(千葉県市川市本八幡の文房具店ぷんぷく堂さん主催) #bungu #文具 _

0320bungu04

 告知としてはギリギリ過ぎですが。

 11月4日(月・祝)の10:00-12:00、千葉県市川市本八幡の文房具店ぷんぷく堂さんが主催する「第四回本八幡文具交流会」が行われる。ぷんぷく堂は、普段は夜営業する文房具店。祝日は昼間に営業するということで、お店の隣の貸しスペースで開店前の午前中に交流会を実施します。

 今回は結構人数に余裕があるので、前日ですが興味ある方はお越しください。私も参加します。
 詳細の確認と、参加申し込みはtwitterアカウントを使って下記から。

第四回本八幡文具交流会「雑談だよ!全員集合!(ちょっと筆箱寄り)」 2013年11月4日(祝)参加者募集。#bungu #文具 - TwiPla
http://twipla.jp/events/64764

「雑談だよ!全員集合!(ちょっと筆箱寄り)」に内容を変更します。
*くくり一切なし
*文具大好きな方
 どうぞ遊びにいらして下さい。

終了10分前に「リサイクル文具交換会」も開催します。
うちに眠っていて使わない文具があったらご持参ください。
あと、普段使っている筆箱をお持ち下さい。

ただし、
***宗教や政治、物の販売に関する事はNGでお願いします***
(もちろん、脱線は覚悟でお願いします)

当日は12時から「ぷんぷく堂」が祝日営業します。
ぷんぷく堂オリジナル文具第4、第5弾が発売されています。
普段夜だと来られない方も、ぜひこの機会に不思議な文具店をご覧頂けたら嬉しいです。
---------------------------------------------------------------
日時 2013年11月4日(祝) 午前10時から12時まで
場所 空スペース空箱(あきすぺーすからばこ)
   千葉県市川市八幡5−6−29
   (隣にぷんぷく堂があります。)
交通 JR総武線 本八幡駅北口下車徒歩8分
   京成線 京成八幡駅船橋方向に。徒歩6分
   都営新宿線 本八幡駅下車徒歩6分
(空スペース空箱とぷんぷく堂は京成線「京成八幡駅」と「鬼越駅」間の線路沿いにあります。)

会費 お一人様500円(場所代300円に飲み物とお菓子代です。)
   お菓子じゃ物足りない方は食料持参しても結構ですよ。
   ブランチ食べながらの交流会もオッケーです^^。
   (アルコール、強烈ににおう食べ物は禁止)

 twitterのアカウントをお持ちでない方は、お店のwebサイトに連絡用のメールフォームがあります。こちらからご連絡してみてください。

ぷんぷく堂 | 夜19時からユルく開いている文具店
http://www.punpukudo.jp/


 以前ブログに掲載したレポートへのリンクも貼っておきます。

文房具について語る語る:ぷんぷく堂主催「第一回本八幡文具交流会」に参加しました #bungu #文具 .
http://blogs.dion.ne.jp/konohamoero/archives/11138639.html

鉛筆だけで3時間語りつくす!:「第二回本八幡文具交流会」レポート(2013.07.15) #bungu #文具 .
http://blogs.dion.ne.jp/konohamoero/archives/11289519.html

タグ:文房具
posted by 木の葉燃朗 at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

A5のシステム手帳リフィルをA5のルーズリーフファイルに綴じる「手帳術」 #手帳 #文具 #techo #bungu _

趣味の文具箱 27 (エイムック 2695) 先日私の手帳の使い方もご紹介いただいた『趣味の文具箱 vol.27』(えい出版社)。ここで登場した私の「手帳術」について、簡単にご紹介しておきます。それは、

「A5サイズのシステム手帳リフィルに追加の穴を開けて、A5サイズのバインダーノート(リーズリーフ)に綴じる」

 というもの。

 システム手帳やバインダーノートについてご存じないと分かりにくいと思うので、一応このあたりから解説を。詳しい方は次の罫線の部分までしばらく読みとばして下さい。

 システム手帳は、紙に穴を開けて綴じるタイプの手帳。この紙のことを「リフィル」と呼びます。穴の位置は規格が決まっていて、A5サイズは6穴が開いています。

 一方バインダーノート(あるいはバインダーファイル)は、「ルーズリーフ」という呼び方が一般的かと思います。学生時代にB5サイズのものを使った方も多いかと思います。
 ルーズリーフの穴の位置も規格があって、A5サイズだと20穴です。

 ここまで読むと、「じゃあ、6穴のシステム手帳の紙は6穴のシステム手帳のファイルに綴じればいいじゃない。そうじゃない」と思う方も多いでしょう。まさにその通りで、普通はそういう使い方をします。


 ではなぜ木の葉燃朗は、わざわざ「20穴のルーズリーフ用ファイルに6穴の紙を綴じる」のか。追加の穴を開けてまで。

 理由はいくつかあります。大きくあげると下記ふたつかな。

・システム手帳のファイルは分厚いものが多い。またサイズもA5用紙ジャストではなく、若干大きい。そのため持ち運びには少しかさばる。値段も比較的高価。

・ルーズリーフは、基本的にノートとして使うことを念頭に置いているので、手帳のようなスケジュールなどの用紙が少ない。


 ということで、両方のメリットのある使い方をということで考えた結果です。

 では、実際にどうやって穴を開けるか。これは、そのための道具があるのです。

・「カール ゲージパンチ・ネオ」(カール事務機)
カール ゲージパンチ・ネオ(26・30穴) GP-130B

 多穴用の穴開けパンチ。紙をセットして、パンチを動かしながら穴を開けていきます。

 このパンチ、かつてA4サイズのルーズリーフを使っていた時に、印刷した紙なども一緒に綴じるために購入しました。2,000〜3,000円くらいなので、あまり使わない方には割高かもしれませんが、私は結構長く使っているし、購入して損はなかったかなと。

A5001

 穴の位置は、6穴とは少しずれますが、まあ綴じてしまえばそれほど見た目は気にならないですし、20穴ありますので紙がぐらつくこともありません。

 実際に、2013年の手帳に穴を開ける様子をご紹介します。ちなみに使用するのは、「スライド手帳」のA5版カレンダリフィル。このリフィルは特徴があって面白いので、気になる方は下記のリンクからご覧ください。

常に最新の見開き2週間手帳リフィル!スライド手帳
http://www.slide-techo.com/


A5002

 リフィルを挟んで、

A5003

 順番に穴を開けていきます。

A5004

A5006

 こんな感じですね。下に開いている6穴と比較すると、どんな感じで追加の穴が開いたかが分かりやすいかと。

A5007

 穴の部分をアップするとこんな感じ。穴の位置は同一ではないので、若干ずれるところはあります。

A5009

 ファイルに綴じるとこんな感じ。

A5008

A5010

 パンチさえあれば簡単にできます。普段ルーズリーフをお使いの方は、この方法でシステム手帳のリフィルを使うのもよろしいかと思います。

 またシステム手帳のリフィルに限らず、同じサイズの紙なら穴を開けて綴じられるので、このパンチは使いではあると思います。


 手帳に関するブログ記事へのリンクをまとめたページはこちら。
・木の葉燃朗の「手帳と俺」: http://konohamoero.web.fc2.com/techo/techo.html
タグ:手帳
posted by 木の葉燃朗 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月14日

「日本手帖の会・えい出版オフ会」に参加 #手帳 #techo _

*「えい出版社」の「えい」は「木へんに世」という漢字ですが、機種によって表示されないこともあるようですので、このレポートでは平仮名で表記します。

趣味の文具箱 27 (エイムック 2695)

 8月24日(土)、日本手帖の会のオフ会に参加する。今回は、「えい出版社オフ会」ということで、雑誌『趣味の文具箱』や『ステーショナリーマガジン』、『NOTE&DIARY Style Book』の清水編集長にお話を伺いつつ、日本手帖の会も取材を受けるという形式のオフ会。

 普段、手帳や文房具についてはユーザーとしての見方をしている自分にとって、雑誌メディアの視点からの捉え方は、非常に興味深かった。オフ会の内容を抜粋してご紹介します。

趣味の雑誌・趣味の本を発行するエイ出版社 http://www.ei-publishing.co.jp/

 

続きを読む
posted by 木の葉燃朗 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月07日

「第二回・手帳100冊!書き比べ総選挙!!」(10月12日-14日@東急ハンズ銀座店) #手帳 #techo #文具 #bungu _

 私も参加している、手帳・文房具の愛好家の団体「日本手帖の会」が、「第二回・手帳100冊!書き比べ総選挙!!」を行います。
 場所は昨年コラボイベントも行った東急ハンズ銀座店。

 私は13日に参加予定。もしかしたら12日も。もし会場にいらっしゃってくださる方は、来られる日時を教えていただければその時間にいるようにします。

●イベント概要
・名 称 : 「第二回・手帳100冊!書き比べ総選挙!!」
・日 程 : 2013年10月12日(土)、13日(日)、14日(月)
・時 間 : 11:00〜19:00 (最終日は18:00まで)
・会 場 : 東急ハンズ銀座店 7階 イベントスペース
  http://ginza.tokyu-hands.co.jp/
・参加費 : 無料

●イベント趣旨
・国内で発売されている手帳から100冊を選定し、展示
・参加者は展示されている手帳を自由に手に取り、試し書きを行うことが可能
・試し書きの結果、参加者はフォーマット・デザインや書き心地の点から気に入った手帳に投票。
投票結果は後日ランキングとして発表
「第二回・手帳100冊!書き比べ総選挙!!」開催の件 | 無料プレスリリース配信ならプレスリリース ゼロ
http://pressrelease-zero.jp/archives/40684


 それから、今年は神戸でも開催決定。昨年「関西でも開催を」とネットなどでおっしゃっていた方は、きっと万難を排していらっしゃってくださるのでしょう(あれだけ熱望されていたのですから)。楽しみです。私も神戸に行くかもしれません(現時点では未定ではありますが)。

【開催決定】
第二回・手帳100冊!書き比べ総選挙、開催します!

日 程 : 平成25 年11月30日(土)、12月1日(日)
時 間 : 11:00〜 18:00
会 場 : NAGASAWA神戸煉瓦倉庫店
参加費 : 無料
日本手帖の会 - 【手帳総選挙in神戸】 関西地方の方、お待たせいたしました! 趣味の文具箱27の誌面でお知らせいたしましたが、...
https://www.facebook.com/TechoSocietyofJapan/posts/591914064183973



 手帳に関するブログ記事へのリンクをまとめたページはこちら。
・木の葉燃朗の「手帳と俺」: http://konohamoero.web.fc2.com/techo/techo.html
タグ:手帳
posted by 木の葉燃朗 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月24日

【手帳】『趣味の文具箱 Vol.27』(えい出版社)で私の手帳スタイルを取り上げていただきました #bungu #techo #文具 #手帳 _

shumibun02

 現在発売中の『趣味の文具箱 Vol.27』(えい出版社)。特集は「美軸名鑑」として、万年筆を取り上げている。

 そして第二特集が「選ぶべき2014ダイアリー」。手帳の特集ですね。この中で「『日本手帖の会』のみなさんの これが私の手帳スタイル」というコーナーがあり、泡沫会員の私も取り上げていただきました。

shumibun01

 とはいえ、本名(年齢も)で、手帳の写真だけでなく顔写真まで出ているので、あまり積極的に宣伝するのも恥ずかしくはありますが。まあ、私をご存知の方は書店で見てみて、「出てるw」みたいな感じで楽しんでみてください。

 ちなみにここで紹介していただいている「システム手帳のA5リフィルをルーズリーフのバインダーに綴じる」手帳術については、後日このブログで詳しくご紹介しますよ。

サイドリバー/商品詳細 趣味の文具箱 Vol.27
http://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=18105



趣味の文具箱 27 (エイムック 2695)

エイ出版社 (2013-09-23)
売り上げランキング: 93


タグ:文房具
posted by 木の葉燃朗 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月23日

2014年の仕事用手帳、決定:ブラウニー「1年手帳」 #手帳 #techo _

brownie01

 早いところだと、そろそろ文房具店や書店に来年の手帳が並び始める時期です。私はプライベート用の手帳はもう少し検討するつもりですが、仕事用の手帳は早くも決定。

 それは、ブラウニーの1年手帳です。これは2014年版から新たに発売される手帳ですし、ブラウニーの手帳自体が比較的新しいので、初めて知る方もいらっしゃるかもしれません。少し説明します。

 ブラウニーは大阪のデザイン会社。手帳メーカーや文房具メーカーではありません。ではなぜその会社が手帳を作るのか。webサイトによると、元々は自分たちが使いたい手帳ということで考えられたアイデアだったようです。

brownie02


 そのブラウニーが2010年から発売しているのが「365/2 半年手帳」。一年を前後半に分けた分冊手帳。私は今年2013年からこの手帳を仕事用に使い始めたのだけれど、これは自分にあっていた。
 「365/2 半年手帳」の特徴は下記のとおり。

ポケットに入る半年手帳 _ 2分の365 http://www.brow-cape.co.jp/techou/


続きを読む
posted by 木の葉燃朗 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

【文房具】告知:9月23日(月・祝)午前「第三回本八幡文具交流会」(千葉県市川市本八幡の文房具店ぷんぷく堂さん主催) #bungu #文具 .

0320bungu04

 直前ですが、9月23日(月・祝)の告知を。

 9月23日(月・祝)の10:00-12:00、千葉県市川市本八幡の文房具店ぷんぷく堂さんが主催する「第三回本八幡文具交流会」が行われる。ぷんぷく堂は、普段は夜営業する文房具店。祝日は昼間に営業するということで、お店の隣の貸しスペースで開店前の午前中に交流会を実施します。

 まだわずかに空きがある模様。もう前日なので締め切られてしまうかもしれませんが、興味のある方はどうぞ。私も参加しますよ。
 詳細の確認と、参加申し込みはtwitterアカウントを使って下記から。

第三回本八幡文具交流会「文具雑談会だよ!全員集合!」 2013年9月23日(祝)参加者募集。#bungu #文具  - TwiPla
http://twipla.jp/events/61182


 以前ブログに掲載したレポートへのリンクも貼っておこう。

文房具について語る語る:ぷんぷく堂主催「第一回本八幡文具交流会」に参加しました #bungu #文具 .
http://blogs.dion.ne.jp/konohamoero/archives/11138639.html
鉛筆だけで3時間語りつくす!:「第二回本八幡文具交流会」レポート(2013.07.15) #bungu #文具 .
http://blogs.dion.ne.jp/konohamoero/archives/11289519.html

タグ:文房具
posted by 木の葉燃朗 at 12:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月26日

鉛筆だけで3時間語りつくす!:「第二回本八幡文具交流会」レポート(2013.07.15) #bungu #文具 .

0715punpuku01 7月15日(月・祝)、千葉県の文具店ぷんぷく堂が主催する「第二回本八幡文具交流会」に参加する。前回(2013年3月)は直前にテレビで放送された「文房具総選挙」について語りましたが(前回のレポートはこちら)、今回は「鉛筆の巻」。

 ぷんぷく堂さんは、市川市八幡で、普段は夜だけ営業する文具店。鉛筆と綴じノートを中心に、他の文具店ではあまり扱わない商品を扱っている。第一日曜と祝日は昼に営業している。この日は祝日の営業前に交流会を行う、というスケジュール。

 勤め先の同僚にこの会に参加することを話した時、「鉛筆について3時間もなにしゃべるんですか!?」と言われた。今だから正直に書きますが、参加するまで自分も「たしかに鉛筆で3時間も語れるのかいな」と思っていた。

 杞憂でしたね。鉛筆は空から降ってきませんでしたね(意味不明)。

 色々な話が出るわ出るわ。そもそも、「今も鉛筆を使う派」と、「こどもの頃は使ったけれど今は使わない派」というのがまずありまして。今も使っている方というのは、美術系の大学を出ている方、デザインのお仕事をされている方などなのですが、こうした方々の鉛筆へのこだわりがすごい。

 例えばある方が「鉛筆を削るというのは」という時のジェスチャーが、ナイフで削る仕草だったので、私が「やはり鉛筆はナイフで削るんですか」と何気なく聞いたところ、「鉛筆の削り方」について盛り上がる。削るのは彫刻刀なのかカッターナイフなのか肥後守(ひごのかみ・折りたたみ式のナイフの商品名)なのかとか、デッサンには芯の削り方が重要という話とか、芯を削るための道具(ヤスリ付きの台)があるとか。その、芯を削る道具は、「たしかあったはず」とぷんぷく堂さんがお持ちだった現物も登場。

0715punpuku02

 
続きを読む
タグ:文房具
posted by 木の葉燃朗 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 俺なり知的生産&文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。